top of page
検索

11月20日 二の酉

清流会の打ち上げの勢いにのって日付変更線をまたぎつつ酉の市へ。深夜にもかかわらず押すな押すなの大繁盛。

昔から景気が良くない年ほど御酉様[酉の市の下町の愛称]は繁盛するといわれてきました。来年こそは、という気持ちが反映されるのでしょう。

胡蝶の熊手は、酉の市の老舗中の老舗、[よし田]さんで予約購入させて頂きました。こちらの熊手、七福神から縁起物の全てが紙の型押しに丁寧に手描きされたものを飾り込んだ特製。

そして何と、こちらの[よし田]さんが実家という、寄席文字、江戸文字の第一人者[橘右之吉]さんが、目の前で名前を書き入れて下さると云う、この上なく有難た~い熊手。自称江戸っ子の胡蝶にはこんな嬉しい事はありません。すっきりと粋な仕上がりに、見た目よりも軽いのが感動。

かの人間国宝、中村芝翫さん、江戸歌舞伎の花形中村中村勘三郎さん、中村福助さん、橋之助さんといった皆々様の熊手に並べて頂き恐悦至極。胡蝶の熊手もさぞ冷や汗をかいていた事でしょう。


右之吉さんの発声でお店の皆さんと一緒に景気良く[三本締め]一流の役者さんにあやかって、私も芸道精進を改めて誓ったので御座います。

今宵も芸道精進に乾杯~いっ!


最新記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page